『栄光なき凱旋』 真保祐一

スポンサーリンク

終戦の時は近づいていた。アメリカ軍は日本軍を罠にかける秘密の作戦を立案する。その命令を受けたマットは太平洋の小島でジローと出会い、彼の過去の秘密を知る。収容所から日系部隊へ進んだヘンリーは、仲間とともにイタリア戦線へ投入され、過酷な戦場に身をさらしていく。やがて彼らが再会する時、運命は三人に残酷なまでの試練を与える。愛、友情、生と死。魂を揺さぶる感動のエンターテインメント巨編。


 第二次世界大戦中にアメリカ国籍をもつ3人の日系2世の苦悩を描いた作品。アメリカ人として生きる3人はアメリカの兵士となって戦う事になる。戦場の場面は話が分散しすぎてしまったが、3人の心模様は日系2世ならではではなかろうか。日系2世にスポットライトあてた新しいアプローチの小説ではなかろうか。ちょっと話が長いのが読んでいて疲れましたが。


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする