2018日本オープンゴルフ アダム・スコットのクラブセッティング

今年の日本オープンゴルフにはアダム・スコットが参戦してきた。そのアダム・スコットが使うドライバーは、この秋の目玉商品でもあるタイトリストのTS3(10.5)でした。

最新モデルのセッティング

みんなのゴルフダイジェスト

おかえり、アダム! 2年ぶりに来日したアダム・スコットにクラブのことを聞いてみた【直撃インタビュー】 - みんなのゴルフダイジェスト
アダム・スコットが2年ぶりに来日し、今週の日本オープンに参戦。アダムといえば、最近では長尺パターと短尺パターの2本をバッグ入れる二刀流も話題となったが&&ギア好きゴルファーに代わって、使っているクラブについて、聞いてみた!

上記の写真を見るとクラブセッティングは以下の通りでした。でも、初日ではパターを長尺に戻していましたね。

1W タイトリスト TS3 10.5
3W タイトリスト TS2 16.5
3I タイトリスト 716T-MB
3〜9I:タイトリスト 680MB
ウェッジ:ボーケイSM7ノーメッキ(48-10F、54-10S、60-12K)
パター:スコッティキャメロン NP2 サークルT

ドライバーのロフトは10.5、フェアウェイウッドは16.5とハイロフトを使っていますね。これは、アマチュアにも参考になります。フェアウェイウッドの16.5は通常の長さは42.5インチで、917F2の16.5と比べると0.5インチ短いです。また、TSはボールスピードが出る設計になっているのでロフトがあるヘッドで高弾道・ロースピンで飛ばすのが理に適っています。

ウェッジはPWを外して48-10F、54-10S、60-12Kの3本を入れていますね。バンカーは54と60でどちらを使うのでしょうね。

JGA 日本ゴルフ協会 【2018年度(第83回)日本オープンゴルフ選手権競技】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする