大横綱誕生-大相撲九州場所

大相撲の九州場所は朝青龍が前人未踏の7連覇、年間84勝の最多勝を達成。ひとり横綱、外国人力士ということでいろいろと言われているようだが年間で6敗しかしていないのは立派だ。優勝後にテレビ出演した横綱を見るとだいぶ横綱らしくなってきた。横綱という重圧が人を変えてきたんだろうと思う。体格は恵まれた方ではないが、スピードと鍛え抜いたパワーと研究熱心の成果の結果が新記録を生んだのだと思う。14日目の魁皇との取り組みは、前回と同じように魁皇の右を警戒しつつ攻めていた。魁皇に右を差されるといくら横綱と言えど厳しい。それが、分かっているだけに右を差されないように左脇を締めて自分が右に廻る。その為に立ち会いで右で軽く魁皇の頬を叩いて左をあまくしているように思える。魁皇の右の強さは琴欧州との取り組みを見れば分かるよね。
今場所は大関千代大海が良かった。横綱との千秋楽は引かずに押し続けて負けたが、あの相撲が千代大海の型なんだよ。先場所までの千代大海だったら押してダメなら引いていたからね。もう少し体を絞ればもっと突進力が生きてくるから来年は頑張って欲しい。琴欧州がいよいよ大関昇進。今年は朝青龍から唯一2勝しているのだから大関昇進も当然だね。恵まれた体格をしているのでもっと稽古をして来年は初優勝を目指して欲しい。期待の稀勢の里は初の上位陣との組み合わせもあってか負け越し。唯一、琴欧州に勝った言うのがあるぐらいであとは気負いが目立って空回りだった。若者らしい気迫を全面に出した立ち会いは見ている者を嬉しくさせるが取り組みはまだまだ。もっと稽古をして来年中には3役になれるように頑張って欲しいね。