【大相撲三月場所】番付決まる

 新三役には琴奨菊が前頭筆頭から小結を飛ばして関脇に昇進。先場所は栃東、魁皇の2大関を破っての勝ち越し。それが、認められたのだろう。最近の5大関は強さを感じられないので元気な琴奨菊に大暴れして貰いたい。
 新入幕では19歳の栃煌山がスピード出世。13場所での幕入りは貴花田と並ぶ史上9位タイとのこと。十両にいた3場所は全て勝ち越して来ている。体はまだ小さいが勢いがあるので今場所は注目してみたい。
 そして、贔屓にしている稀勢里だが先場所はついに負け越して小結から前頭筆頭へ転落。小結になってからは10勝の壁が超えられなかった。3役といい相撲が出来るのに下位の力士にコロッと負けてしまうのが若さなのだろう。稽古をしっかり積んでしぶとく強い力士になってほしい。
 goo 大相撲