『象の墓場―王国記6』

BOOK

 王国記の第6巻です。前編は赤羽先生の一人称で、後編は朧の一人称。着実に王国は作られつつあるけど、それは誰が誰の為の王国なのか分からなくなってきた。でも、この何とも言えない文章の流れが好きでこのシリーズは読んでしまっている。
象の墓場―王国記〈6〉 (王国記 (6))