テーラーメイドのSIMシリーズは売れているが在庫が少ない。無駄な在庫を減らす経営方針か?

Golf

テーラーメイドのSIMシリーズが売れています。特にユーティリティとドライバーは未だに人気です。ユーティリティに関して言えば、標準シャフトのSフレックスでロフト22°(#4)が大人気で、量販店ではどこにもない感じです。メーカーに問い合わせても在庫はなく、テーラーメイドのウェブサイトで確認するとこちらはあるようです。

今回のSIMシリーズはシャフトにテンセイを使用。SIM MAXはテンセイブルー、SIMはテンセイシルバーでテーラーメイドが三菱ケミカルにSIM用のテンセイということで作ってオリジナルテンセイです。シャフト重量はドライバーでテンセイブルーが54g、テンセイシルバーが56gなので純正シャフトとしては普通の重さ。トルクはテンセイブルーが4.4で、テンセイシルバーが4.0なのでこれは純正シャフトとしてはやや硬め。いわゆる軽硬(カルカタ)のシャフトです。このカルカタのシャフトが一般ユーザーに受けたようです。

フェアウェイウッドのシャフトを見ると、テンセイブルーが51gのトルク4.4、テンセイシルバーが52gのトルク4.0ですから、ドライバー用のシャフトをカットして使っている感じです。テーラーメイドはカスタムクラブのフェアウェイウッドの時は先端カットしているので、同じように先端をカットしていると思われます。

ドライバーよりもフェアウェイウッドの方がシャフト重量が軽くなっていますが、これはカスタムシャフトでも同じ重量のシャフトの場合は同じ現象になるので問題はないです。

ユーティリティはテンセイブルーのみで62gのトルク2.9です。これも、カルカタですね。ツイストフェースとカーボンクラウンでボールがつかまりやすく上がりやすいのがアマチュアに受けている理由だと思います。評判が評判を呼んで、店頭に商品がないとなるとプレミア感が出てきますからね。

ユーティリティのテンセイブルーは税込み定価が37,400円で、テーラーメイドのオンラインショップでは10%引きクーポンがあるのでそれを使うと33,660円です。小売店の店頭価格も同じで33,660円ですが、楽天では2割引きの29,920円と値崩れしていません。

テーラーメイドの2021年モデルはいつ頃?

テーラーメイドはM1/M2から毎年ニューモデルを発売しています。ゴルフクラブは発売時が一番売れて、そこから徐々に売り上げは下降し、モデルチェンジの半年前になるとほとんど売れなくなります。しかし、SIMシリーズは未だに売れているから凄い人気です。

追加発売されたSIM MAX DはSELECTFIT STORのみの展開なので、ネットでは平行輸入品しか出ていません。このSIM MAX Dのドライバーもほど店頭からなくなっています。テーラーメイドのオンラインショップでもプロパー商品は在庫がなく、カスタムでしか手に入らないようです。

今年のアメリカツアーは新型コロナウイルスの影響で開催中止が相次ぎ、メジャーもずれ込んでしまいました。ですから、オフの時期がなく2021年のツアーが始まってしまいます。新しい年度のツアーが始まるとニュークラブのお目見えになるのですが、今年はどうなるのでしょう?

前作のM5/M6はSALE価格になって今も販売しています。メーカーとしては古いモデルは早く売り切って新しいモデルを販売したいところだと思います。女子プロの笹生優花プロの活躍でM5の問い合わせが増えています。店頭にもM5/M6が残っているのはお店としてもメーカーとしてもよくないと思っています。新しいモデルが出たタイミングでは古いモデルはほぼない状態が望ましい。テーラーメイドの商品はこれまで大量に投入して、値崩れを起こして、在庫が残るという悪循環を繰り返していたので、その経験からSIMシリーズは押さえているかもしれません。年末には店頭から在庫がなくなるかもです。

今年の初めにM5/M6のSALEが始まりましたが、動きはいまいち。むしろ、SIMシリーズの立ち上がりの方が良かったです。新型コロナウイルスの影響で生産も販売も苦しい時期もあったけど、SIMシリーズはいい商品なので売れました。いつものように2021年モデルの新商品が2月ごろ発売になるようであれば、来年の年始にはSIMもSALEになると思いますが、その時はすぐに商品がなくなるでしょうね。ピンのG410シリーズもSALEになったとたんに商品が無くなりましたからね

不良在庫をなすことはアパレルだけではなく、ゴルフクラブも同じです。ピンはG425が売れすぎて生産が追い付かない状態らしいです。どこかで、売れ行きが止まるかもしれないので作りすぎはしないはずなので、手に入れるなら早い方がいいと思いますよ。