マスターズで松山英樹が使うウェッジはクリーブランドのRTX ZIPCOREだった

Golf

マスターズに出場している松山英樹が使っているウェッジはクリーブランドのRTX ZIPCOREでした。ロフトとグラインドは52がMID、56がMID、60がMIDでした。MIDグラインドのバウンスは全て10です。RTX ZIPCOREにはノーメッキも用意されているので、おそらくノーメッキを使っている思います。

 

松山英樹プロといえば588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジを使っている頃が強かったイメージがありましたが、RTX ZIPCOREを使うということは少し優しいウェッジに変更したようですね。

 

 

RTX ZIPCOREはコストパフォーマンスのいいウェッジで人気です。ロフトも46度から2度ピッチで60度まであります。56、58、60には6度のローバウンスがあるので、バウンスが気になる人にはおすすめです。優しいのはバウンス12のFソールですが、これはあまり人気がないようです。