ヤマハ RMX VDドライバーのシャフトスリーブの互換性

Golf

10月29日に発売になったヤマハ RMX VDドライバー。今回もシャフトの取り外し可能なカチャカチャドライバーです。前作RMX120/220ドライバーに付いているシャフトとの互換性があるか調べてみました。

前作とスリーブは同じで互換性あり

 

画像の上がRMX VDの純正シャフトで、下がRMX 120/220用のスピーダーEVO6です。スリーブは見た目一緒で、装着しても問題はありませんでした。RMXのスリーブは可変が4段階で、ノーマルポジション、ロフト+1・ライ+0.75、アップライト ライ+1.5、ロフト-1・ライ+0.75になります。

 

 

前作のRMX 120/220は業界初のヘッドとシャフトを別々に購入できました。ほとんどの人がこの事情を知らないので、クラブで購入していましたね。お店としてはこの販売方法だと管理が大変でメーカーに改善してほしいとお願いしていました。そして、今回はクラブとしての販売に戻りました。ですが、ヘッド単体、シャフト単体の購入もできます。この場合、店舗にはストックしていないのでオーダーになります。ヘッド単体は税込み51,700円、シャフト単体はDiamana、Speeder、TOUR ADなどは税込み46,200円。VENTUS、TENSEI ORANGEなどは税込み57,200円です。詳しくはヤマハゴルフのホームページに出ています。