テーラーメイドの2022年モデルはステルス(STEALTH)

Golf

毎年、秋から冬にかけてテーラーメイドとキャロウェイの新モデルについて、ネット界隈がざわついてきますね。特に最近はその傾向が強く、リークが早ければ早いほどいいみたいな風潮があるように感じます。グーグルで『テーラーメイド 2022年モデル』で検索すると色々出てきました。

来年のテーラーメイドの新モデルについてはバーナー(BUNNER)という噂がありましたが、R&AとUSGAの適合ドライバーヘッドリストに掲載されていたのはステルス(STEALTH)というモデルでした。

MyGolfSpyのツイッターにはタイガーウッズのクラブと思われる画像が出ていました。そこには新しいドライバーとフェアウェイウッドがあり、ソールにはSTEALTHの文字がありました。

https://twitter.com/MyGolfSpy/status/1471887504135663622?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1471887504135663622%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fdriver.jpn.org%2F9711%2Fe38386e383bce383a9e383bce383a1e382a4e38389-2022e5b9b4e38389e383a9e382a4e38390e383bce381aee4ba8be5898de68385e5a0b1e38292e8aabfe69fbb%2F

 

適合リストを見ると、新しいモデルはSTEALTHとSTEALTH PLUS+の2タイプでした。基本形状はSIMやSIM2を継承していて、STEALTH PLUS+はソールにはSIMの時にも付いていたスライド式ウエイトがあります。リストのマーキングについて書かれているのを見ると、ソールにはCARBONWOODと書かれています。また、フェース部分には60X CARBON, TWIST FACEとあります。フルカーボンヘッドではないにしろ、クラウンとフェースはカーボンのようです。

SOLE: CARBONWOOD, STEALTH, (line) SPEED POCKET (line)
BACK: (weight port)
TOE: TaylorMade (w/ T logo)
CROWN: (T logo), STEALTH
HOSEL: (triangle), (twelve lines), (orientation indicators)HEEL: (loft)
FACE:60X CARBON, TWIST FACE

 

テーラーメイドのカーボンフェースと言えば確か2代目グローレがそうだったような気がします。画期的なことをやるメーカーなので、びっくりした記憶があります。機能はすごいのですが、ユーザーの受けはいまいちのようでした。そして、年月を経て再度出してきたということは今後は行けるのかもしれない。カーボンクラウンも最初は打感が悪いとかなんとか言われて受けはいまいちでしたが、技術革新の成果で機能的にも強度的にもよく、ヘッド設計の自由度(重量配分)が高くなったので、多数のメーカーが採用するようになりました。今回のカーボンフェースもその先端を行くことになるかもしれません。

チタンはレアメタル素材なので、希少部材になります。それに対しカーボンは安定供給できます。素材としては軽量で強度があるので、鉄に変わる素材として使われることが多いです。現にシャフトもスチールだけだった時代からカーボンに変わりつつありますからね。

話はそれましたが、テーラーメイドの2022年モデルは革新的なモデルになりそうです。これが成功すれば、他社が追随する可能性があるかもしれません。もしかしたが、すでに開発段階に入っているメーカーもあるかも。

メーカーのリリースは2022年の1月のどのあたりでしょう?リリースされるのが楽しみですね。

ということはSIM2シリーズはマークダウンに入るのが秒読みかも。