テーラーメイドのステルスは近年にない大ヒットになるかも

Golf

本日、2月4日にテーラーメイドのステルスが発売になりましたね。リリース直後から異常な盛り上がりを見せ、また予約も好調のようでした。メーカーの試算ではステルスに予約が集中すると思っていたようでしたが、想定以上にステルスプラスに予約が入ったようです。

大手の専門店は、店頭に並べる初期ロットが予約で終わってしまうところも出そうです。特に純正のテンセイシルバーの入ったクラブがです。ステルスプラスはセレクトストア商品なので、ネット販売はしていません。ですから、店舗に行って予約をしないと手に入らない商品です。SIM2の時は初動での動きはSIM2MAXが突出していたので、計画であればステルスに集中するとメーカーも思ったのでしょうね。

テーラーメイド ステルスの発売日と価格

カスタムクラブの注文もシャフトによっては納期がかなりかかるようです。また、ステルスプラスのドライバーはロフトによって既に欠品しているようでこちらも納期がかかると思われます。

ステルスの発売日に、キャロウェイがローグSTの試打クラブを投入

3月中旬発売のキャロウェイのローグST。試打クラブは2月18日投入予定でしたが、ステルスの予想以上の盛り上がりに急遽ステルスの発売日の2月4日に投入しました。

ステルスの試打クラブが投入されてからの状況を見ると、昨年はEPICシリーズも同時期に試打が投入されているので「SIM2シリーズとEPICシリーズを打ち比べてみたい」「SIMとSIM2を比べてみたい」というゴルファーが多かったですが、今回はステルス指名が多い感じです。

数年前から各メーカーがスリーブの互換性を持たせているので、持っているシャフトを生かして新しいモデルに装着する人が増えてきているように感じます。

ステルスとローグSTのどっちが飛ぶか?ではなくどっちが打ちやすいかで選ぶこと

ドライバーに限らず飛距離の魅力はゴルファー誰しもあるはずです。どれだけ、飛ぶのか試打の計測しますが一発の飛びより、安定した飛びを選んだほうがいいです。

なぜなら、一発の飛びはあるけど右も左も行くようなクラブは実践では怖くなり気持ちよくスウィングすることが出来ません。できるだけ、安定感のあるクラブを選ぶのがいいです。

 

Amazon.co.jp : ステルスドライバー