ガーミン FOREATHLETE 55とiPhoneアプリ「adidas running」のGPSの誤差(2回目)

GARMINランニング

前回に引き続き、これまで使っていたiPhoneのランニングアプリ「adidas running(旧RUNTIC)」と距離などがどのぐらい違うのか調べてみました。今回は、測るタイミングをギリギリまで合わせてみました。

距離の誤差は約300mに

前回はFOREATHLETE 55を使うのが初めてだったので計測のタイミングがずれてしまいましたが、今回はギリギリまでタイミングを合わせてみました。

その結果、距離の誤差は約300mありました。adidas running(旧RUNTIC)では、1キロごとにラップを音声で伝えてくれます。また、FOREATHLETE 55も1キロごとにバイブレーションしてくれます。

体感では5キロまではあまり差がなかったのですが、徐々に差が出てきたように思いました。特に、信号待ちで同じところをぐるぐる回った後に差が出ているように思いました。

今回は、立ち止まることがなかったのでポーズの時間はないですが、前回はポーズの時間がありFOREATHLETE 55のほうがポーズの時間が長かったです。

心拍数のマックスは154bpm

今回の心拍数のマックスは154bpmでした。前回はかなり頑張って170bpmまで行きましたので、今回のほうがきつくなかったということですね。年齢で見ると最高心拍数は(220-57歳=163)なので、最高まではいかないけどハードなゾーンで走りました。

 

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 55 心拍 歩数 防水 軽量【日本正規品】
ForeAthlete55は初心者から始められる簡単で使いやすいGPSランニングスマートウォッチです。超軽量コンパクトなボディに光学式心拍センサーなどランニングに必要な機能を備えています。無料のGarminCoachトレーニングプランを利用して、パーソナルコーチのアドバイスを得ることもできます。スマートフォン連携機能や