2022年に発売したゴルフクラブ、発売予定のゴルフクラブをカレンダーにまとめてみました(随時更新)

GolfGoogle

2022年ゴルフクラブの発売日カレンダー

2022年はテーラーメイドのステルスに始まり、3月はキャロウェイのローグST、コブラのキングLTD、オノフの2022AKA、ミズノのST-X220/Z220が発売になります。4月以降に発売されるのはどのメーカーなのか、2年前の発売をもとにおそらくこの辺りではないかというところに記入してみました。また、発売情報が入り次第更新していきます。

注意:メーカーの正式リリースが出るまでは、正確な発売日は分かりません。

 

タイトリストはTSiシリーズの後継が秋に発売かも

 

タイトリストは今年がウッドの発売年です。例年通りであれば10月頃に発売になると思います。カレンダーに記入していませんが、ボーケイのSM9が3月、スコッティキャメロンは4月頃かと思います。

スリクソンはZXシリーズが2年目なので、9月頃に発売になると思います。現行のZX7/ZX5がよかっただけに次期モデルが気になりますね。また、4年周期のマッスルバックアイアンZ-FORGEDもモデルチェンジするかもしれません。

プロギアはRS5の後継、ヤマハはUD+2の後継が発売されると思います。PINGは決まった周期で発売されないので、分からないですね。G425シリーズは2020年の9月から発売されているので、そろそろ出てもいい頃だとは思っています。

 

5/4更新 プロギアの2022年モデルはRSシリーズ

 

プロギアのRS5の後継がR&Aの適合リストに載りました。プロもテストを始めているようなので、例年通りであれば8月上旬あたりになると思います。

ピンのGLIDE4.0が5月13日に発売されます。G425の後継についてはまだ情報がないです。

タイトリストが3月にSM9、4月にスコッティキャメロンが発売になりました。TSiの後継は秋ごろになる感じです。

ダンロップのZXシリーズの後継は少し遅れそうかなぁ~って感じです。

新型コロナウイルスの影響はゴルフ業界でも続いているます。パーツのシャフトやグリップはいまだに枯渇しています。原材料の高騰、円安など様々な要因があるのでメーカーも難しいかじ取りを迫られているようです。このままいけばクラブの価格は右肩上がりになると思います。

 

6/28更新 プロギアのRS JUSTとブリヂストンゴルフのB3は7月発売

プロギアの2022年モデルRS JUSTシリーズブリヂストンゴルフの2022年モデルB3ドライバーがメーカーからリリース発表がありました。

RS JUSTシリーズはモデルが3タイプあるので、前作を踏襲している感じです。ブリヂストンゴルフのB3は軽量モデルなので、B1とB2とは違い第三のモデルです。ヘッドがフェース以外はフルカーボンなので、余剰重量を最適配分されています。

タイトリストは2023年モデルのTSRの画像が公開されました。例年通りであれば10月頃に発売されるでしょうね。R&Aの適合リストにも掲載されているので、TSRシリーズとして発売になると思います。

キャロウェイのJAWSウエッジはようやく新しいモデルが出る感じです。アメリカのサイトには新しいJAWSウェッジが出ていますからね。日本では同時発売になるのか、1か月遅れになるのか。もうしばらくすると情報が出てくるので、分かると思います。

 

7/12更新 キャロウェイ JAWS RAWウェッジが7月22日発売

キャロウェイのJAWS RAWが7月22日に発売になります。予想では9月頃と思っていましたが、思ったよりも早め目の発売ですね。先日のニッポンハムレディスクラシックを勝ったキャロウェイスタッフプレイヤーの西村優菜も、ブラック仕様のJAWS RAWを使っていましたね。

キャロウェイのサイト(callawaygolf.jp)を見るとヘッドはブラック仕上げとクロームメッキとレディスモデルの2タイプ。価格は税込み¥29,700でした。シャフトはDG S200、モーダス115、NS950neoが標準仕様です。

ヤマハからはインプレスUD+2の後継が秋ごろになるかと。東建ホームメイドカップで藤田寛之プロが使用した新しいドライバーと同じデザインのヘッドがR&Aの適合リストにありました。ヘッドのロゴを見ると「inpres」と「DRIVE STAR」の文字がありました。また、ヘッドは可変式でなく直付けでした。現行のUD+2は2020年10月16日に発売されましたので、通例であれば10月中旬に発売になると思います。

2020年モデルということで調べてみると、ブリヂストンゴルフのツアー系アイアンの200MBと201CBが9月に、ミズノのJPX921が10月に発売されていました。200MBは限定モデルで発売後に即完売した人気モデルでした。201CBは今年の3月にマークダウンになりました。JPX921は7月1日にマークダウンしました。2年周期のモデルは、現行モデルがマークダウンすると、新しいモデルを発売というのが発売周期です。

 

8/2更新 ブリヂストンゴルフの2022年モデルアイアンは9月9日発売

ブリヂストンゴルフの2022年モデルのアイアン『220MB』『221CB』『221CB+』とBRM2ウェッジが9月9日に発売されます。『220MB』は「B-Limitedシリーズ」なのでゴルファーズドックや試打会、当社直営店でのみ注文が可能です。カスタム専用モデルなので店頭に陳列されないと思います。

『221CB』は男子プロの意見を取り入れダウンブローに打てる人にお勧め。『221CB+』は女子プロの意見を取り入れレベルで打てる人にお勧めです。

3モデルすべてが軟鉄鍛造製法なので、打感にこだわりがある人にお勧め。また、優しさよりも操作性を重視したモデルになっています。

「B」集結。| 221CB アイアン | B Series | BRIDGESTONE GOLF -ブリヂストンゴルフ-(Bシリーズ) |
「B」集結。| 221CB アイアン | B Series | BRIDGESTONE GOLF -ブリヂストンゴルフ-(Bシリーズ) |

 

8/23更新 ミズノJPX923シリーズが9月16日に発売

原英莉花プロが使用したことで大ヒットしたミズノJPX921HOTMETAL。その後継ともいえるJPX923シリーズが9月16日に発売になります。JPX921シリーズはTOUR、FORGED、HOTMETAL、HOTMETAL PROの4モデルでしたが、JPX923シリーズは前作同様の4モデルにさらにHOTMETAL HLというモデルが追加されました。

ヘッド素材ですが、HOTMETALの3モデルはニッケル・クロムモリブデン鋼精密鋳造、FORGEDは5~7がクロムモリブデン鋼精密鍛造で8~PWが軟鉄精密鍛造、TOURが軟鉄精密鍛造です。

やさしさと打感の向上を追求したグローバル戦略モデル ゴルフアイアン「JPX 923」シリーズ5機種発売
やさしさと打感の向上を追求したグローバル戦略モデル ゴルフアイアン「JPX 923」シリーズ5機種発売

9/6更新 テーラーメイド ステルスグローレが10月7日に発売

テーラーメイドのSIMグローレの後継STELTHグローレが10月7日に発売になります。『ステルス』の名がついているようにフェースはステルスと同じ60層カーボンを採用しています。今回は通常のモデルにプラスして、カチャカチャ機能の付いた『STEALTH GLOIRE+(ステルスグローレプラス』も発売されます。こちらはセレクトストア商品になっています。

また、タイトリストからスコッティキャメロンの限定パター『Special Select Jet Set』が発売されます。価格は税込み¥142,000で、発売日は9月16日です。

 

9/9更新 タイトリストTSRシリーズが9月30日に発売

タイトリストのTSRシリーズがようやくリリースされましたね。6月下旬にメーカーから画像が露出してから2か月以上経ちましたが発売日が9月30日に決まりました。一部店舗には試打クラブが投入されていると思います。今回のTSRシリーズはTSR2、TSR3、TSR4の3モデルが発売します。TSR4は前モデルのTSi4はセレクトショップ限定でカスタム専用でしたが、今回は店頭モデルがあります。

この次の新商品はヤマハ、ピン、スリクソンなどですね。リリースが決まりましたが更新します。

 

9/13更新 ヤマハ inprese Drive Starが10月21日に発売

ヤマハのinpreseの新モデルは『Drive Star』です。前作UD+2は2世代で終了ですね。Drive Starは構えやすい「いい顔」に見えるように設計されています。UD+2はFP値を極限まで小さくしてつかまりのいい顔になっていました。Drive Starではこれを刷新していながら捕まりのいいクラブに仕上げている感じです。

この次は、ピンのi230とG425の後継、スリクソンのZX5/7の後継ですね。リリースが決まりましたら更新します。