スポンサーリンク
OTHERS

おもった通りにはゆかない

おもった通りにゆくことより、おもった通りにゆかない事の方が多いんだよな。競馬なんかその最たるものだよ。自分であれこれ考えて馬券を買っても、おもった通りにゆくことなんてほとんどない。馬券が当たったとしても予想(推理)とはかけ離れた展開で当たる
OTHERS

刹那であるから素晴らしい

爺はすべての心地よいこと、幸に類することは刹那であるから素晴らしく感じられるのだと言葉を尽くして教えてくれた。  権介は、それを真実であると感じた。  女を抱くときの快も一瞬ならば、博奕の集中もじっくり吟味すれば瞬間である。旨いものも喉をす
OTHERS

あ〜、ビックリした

会社の帰りの出来事。いつものように上野駅始発の電車に乗って窓際に座り、本を読んでいた。発車時間が来てベルが鳴り始めた。駆け込み乗車をする人の足音がしたと思ったら僕のいる場所に人が激突してきた。その人は電車の窓にぶつかった反動でホームに倒れた
競馬

先週のほのお

久々にsadaboさんの一発が出ました。これでこそsadaboさんならではの狙い方でしたね。複勝でも勝てたけど単勝と言うところがsadaboさんらしい。でも、藤沢−市川狙いならピサノペガサスよりバアゼルテイオーじゃないのかな〜。 照る日曇る
競馬

ガックリ

アンカツが余計な事をしてくれたよ。残り200mの時点で200倍が出来たと思ったんだよな。それなのに後方からあの脚だもの。産経大阪杯組がいいと書いただけに悔しいね。カツハルも一瞬勝ったと思ったろうな。4コーナーを回って来る時の手応えが抜群だっ
競馬

被った被った

安田記念の予想をアップする前にいつものように巡回するとsadaboさんが桃薫さんが、そしてBLITZさんまでがバランスオブゲームを推しているよ。だいたいsadaboさんと予想が被ると良くない事ばかり何だよな。逆にお互い穴っぽいところを予想し
競馬

藤沢厩舎の大攻勢

日曜日は6頭出しの大攻勢。しかも、その顔ぶれを見るとどの馬も人気になりそう。オープン馬があふれかえる藤沢厩舎だが安田記念と愛知杯には1頭ずつしか出走しないのも不気味だ。どの馬にもチャンスがあるように思えるけど旨味にはかけるから取り扱いに困る
BOOK

藤田宜永を読む

直木賞を受賞した作品『愛の領分』を読んだ。大学を中退後、パリに滞在で恋愛小説を書いていると言うのでちょっとインテリなイメージを抱いていたのだが、書いてある中身は『男の身勝手』な感じに受け取れた。叙情的に描かれているので、想像するイメージは綺
BOOK

『睡魔』を読んだ

『血と骨』を読んで、その迫力と面白さに感動したので他の作品も読んでみたいと思い図書館に行ってきた。何冊かある中で帯を読んで面白そうだったのが『睡魔』。
競馬

涙のダービー

4コーナーで先頭に立ったコスモバルクの鞍上五十嵐は内と外を確認して視界に入ったダイワメジャーをめがけて馬体を併せにいった。この馬を負かせばダービーを取れるとよんだ気迫のプレー。しかし、外からキングカメハメハが凄い伸びを目にしてもうバルクに差
OTHERS

ダービーの予想完了

やっとをダービーの予想アップ出来た。 「いつもアップが遅いけど、今日は特に遅すぎるぞ!」 というお叱りの声は聞こえているのですがこれには理由が。
OTHERS

ご挨拶に

リンクにblogpeopleを使うことにした。そこで、一番最初に登録をさせて頂いたのはJUGEMでは重鎮のじゅじゅ様『Un jour』です。有名すぎるので追加ボタンを押す指が震えてしまったよ。そしたら、じゅじゅ様から相互でリンクを貼ってもら
BOOK

『血と骨』を読んだ

私小説はリアリティーはあるが何を言いたいのか分からないところがある。だけど、事実に基づいて書かれているのだから面白い。この本は著者:梁石日の父のこと、生きてきた過程、母のことを書いている。巨躯で無口で精力絶倫、吝嗇家で横暴な主人公、金俊平の
競馬

金鯱賞も面白いぞ

頭数は12頭と少ないが、エリザベス女王杯の勝ち馬アドマイヤグルーヴ、菊花賞馬ザッツザプレンティ、ジャパンカップの勝ち馬タップダンスシチー、そして3歳牝馬G1を3勝したスティルインラブと昨年のG?勝ち馬4頭が出走する豪華なレース。
競馬

ダービーの枠順決定

展開の鍵を握るマイネルマクロスがまたもや1番枠を引いたね。皐月賞では出遅れたからね。マイネル・コスモ軍団としてはマクロスには是が非でも逃げて貰わないと困るでしょう。今回は後藤君も何が何でも逃げるのではないかな。もし、もしもマイネルマクロスが
競馬

ダービーは出るだけでも大変

3歳馬の頂点に立つダービーは、そのスターティングゲートに立つまでが大変。新馬戦を勝ち上がり500万、重賞と賞金を加算して、しかも無事でなければいけない。特に今年は賞金のボーダーラインが2000万で例年に比べてかなり厳しい。出走するまでの馬も
競馬

語る総帥

先週号から週間ギャロップで『ザ・ホースメン大放談』として吉田照哉、吉田勝己、下河辺俊之、岡田繁幸、白井透の5人による対談が収録されている。今週号ではマイネル・コスモ軍団の総帥岡田繁幸氏がダービーに寄せる熱き思いを大いに語っている。皐月賞では
EVENT

徳チャン?に大接近

今朝、コンビニに立ち寄った時、お茶を持ってレジに行くとなんだか見たことのある顔の人がいた。誰だかと思ったらテレビ朝日のアナウンサー徳永有美さんだ。ショートヘアにパーマをかけて、お顔はちょっとふっくらしていた。どこかの法事に行くのだろうか喪服
BLOG

日記をブログにしてみる

今日から日記をブログにしてみることにした。だって、こちらの方が更新が簡単だからね。最近は日記をサボっているけどぼちぼち更新しようと思う。