大種牡馬ノーザンテースト老衰死

80〜90年代の中央競馬を支えてきたノーザンダンサーが老衰の為死亡した。1982年から11年連続のリーディングサイヤーはサンデーサイレンスの9年連続を上回る最多記録。産駒の通算勝利数は1754勝で重賞は92勝(GIは10勝)。現在、中央競馬に登録されている現役馬はは全部で9頭(TARGET frontier JV調べ)。日曜日の朝日杯フューチュリティSではひ孫のスキップジャックが出走。大種牡馬から脈々と受け継いだ血がいまだに活躍をしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 偉大な名馬の死

    偉大な名馬のノーザンテーストが・・・
    日本の競馬界に偉大な功績を残した名馬「ノーザンテースト」が老衰の為に亡くなった。
    僕の大好きなサッカーボーイの母方のおじいちゃんにあたる。
    彼にとって、種牡馬引退後の生活はどんなだったのだろうか?
    僕には想像すら出