フジテレビVSライブドア 第2ラウンド

今日、ライブドアがニッポン放送に対して新株予約権の差し止めを求めた仮処分申請で、東京地裁において審尋が行われた。

審尋とは裁判所が訴訟当事者や訴訟関係人に、陳述の機会を与えること。

ライブドアは仮処分申請を申し込んだあとも着々とニッポン放送株の取得をおこなって現在は保有比率(株数ベース)が39・56%までいったようです。対してフジテレビのTOBに対して株を保有している企業が続々とTOBに応じる意向を表明している。果たして裁判所の判決はどちらに軍配が上がるのでしょうね。お陰で、最近はこのニュースが面白くて新聞をよく読むようになったよ(笑)
● ライブドア VS フジテレビ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ブログニュース速報@トラックバックセンター より:

    ニッポン放送株問題関連のトラックバックセンター

    フジテレビ、ライブドア、鹿内家で揺れ動くニッポン放送株問題に関連するトラックバック
    ニッポン放送(にっぽんほうそう)
    会社概要
    業  種:放送法に…