直木賞受賞『まほろ駅前多田便利軒』を読んだ

スポンサーリンク
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒

posted with amazlet on 06.08.04
三浦 しをん
文藝春秋 (2006/03)

直木賞を受賞した三浦しをんさんの『まほろ駅前多田便利軒』を読んだ。東京都まほろ市という架空の市で便利屋を営む多田とひょんな事から居候の身となった高校時代の同級生、行天。便利屋は何でも請け負うが金はない、やる気はない行天が不思議な魅力で仕事をこなすのが面白い。個性的な登場人物との絡みも面白かったり、ディープなところもちょっとあったり、スピード感はないけど軽い感じでスラスラと読めてしまう。面白いと言えば面白いが、僕にはちょっと物足りないかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする