惑星問題と彼女の思考

太陽系の惑星が増えたの減ったのとワイドショーで面白おかしく取り上げているが、ハッキリするまではどっちでもいい話だ。冥王星が惑星から外れると言うことになると、地球をビー玉にたとえると冥王星を米粒ぐらいの大きさになるらしくそれを見て「小さ~い」と馬鹿なこというワイドショーの司会者やゲストの面々。お前らバカかと思っている僕の横で目を輝かせて太陽系の映像を見る彼女。
  彼女「ねぇ、他の惑星に行ってみたいね」
  僕 「・・・。そうだね(^_^;)」
  彼女「行ってみたくないの?」
  僕 「い、いってみたいよ」
現実的に考えてしまう僕には惑星に行ってみたいと思うなんて考えられない。でも、彼女は行けると思って話をするんだよね。さすがにスペイン旅行の時(行かなくちゃと言ってひとりでチケットやらパスポートを取って行ってしまった)とは状況が違うので笑って過ごせるが、最近は海外旅行に行っていないし仕事が忙しくて遊んでいないようなので、また「行かなくちゃ病」が発症してしまうかも(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Ryu より:

    こういう話、すきなんだよねぇ。
    Cafeにパクらしてもらおうかな(^^)

  2. のび太 より:

    パクッてください。
    我が家では日常茶飯事なので・・・・(^^;)

  3. のび太 より:

    どうぞパクッてくださ~い。
    我が家では日常茶飯事なので・・・・(^^;)