2007年4月22日

傑作!『空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤

空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ
posted with amazlet on 07.04.22
池井戸 潤
実業之日本社 (2006/09/15)

 三菱ふそうトラックのタイヤ脱落事故を題材にした作品で念密な取材を元にして書かれているので凄くリアルで面白い。池井戸 潤氏の作品を読んだことはなく本作が初だが、なかなか筆達者で面白い。ストーリーの展開は実際に起きた事件を元にしているので、スムーズになっているので非常に読みやすい。人物描写がリアルなのと財閥系大企業の傲慢な経営や警察の怠慢な対応など「ムカッ!」「イラッ!」とするような場面を引き出してくれるので読む手を休められない。作者は三菱銀行に勤めていただけあって銀行の悪い体質、系列企業との癒着など分かりやすく、腹立たしく書かれている。これは、読んで損はない一冊だと思った。


at 11:02 | BOOK | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。