【大相撲五月場所】白鵬全勝優勝で新横綱誕生

 千秋楽の横綱・朝青龍と大関・白鵬との取り組みは新しい時代の夜明けを感じさせる一戦だった。立ち会いでは朝青龍が右で張って左を差しにいったが白鵬はそれを素早く切った。体が離れると迫力ある突っ張りの応酬。白鵬が下から突っ張るので堪らずに朝青龍が潜り込んで左上手、右下手を取ったが白鵬も上手を取ってがっぷり四つ。先に仕掛けたのは白鵬で引きつけて前に出るが朝青龍も残す。力の入った一戦は白鵬が一瞬の間から朝青龍の上手を切っての出し投げ。その瞬間思わず「上手い!」と叫んでしまった。
 白鵬は全勝優勝でほぼ横綱昇進は決定。立ち会いを見ると動の朝青龍に対して静の白鵬と言ったところか。今場所の立ち会いを見ていると横綱の風格を感じる。先に土俵に手をつき、相手にいつでも来いという姿勢でドンを受け止めているように見えた。あれだけ、どっしり構えられると圧力を感じるだろうな。
 これで、少しは相撲が面白くなってきたが期待している稀勢の里がだらしないのが残念でならない。今場所も負け越しなので降格は間違いなく、もう一度ビッシリ体も心も鍛え直して出直して欲しい。
 goo 大相撲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする