2008年11月15日

秋の夜長は競馬予想を エリザベス女王杯

 エリザベス女王杯は牝馬限定のG1。3歳牝馬の秋の目標は秋華賞。次がエリザベス女王杯。古馬牝馬は天皇賞、エリザベス女王杯、マイルCSと選択枠がある。強い牝馬は天皇賞へ。距離適正でマイルCSを選択する馬。そして、エリザベス女王杯。今年の牝馬路線はウオッカ、ダイワスカーレットというとても強い2頭がいる。この2頭が抜けると次に強いのはカワカミプリンセスでしょうね。今年の3歳は重賞勝ち馬がバラバラで抜けた存在がいない。だから、カワカミプリンセスを本命にして相手選びだと思っている。

 エリザベス女王杯が古馬戦になって12年の成績をみると前走が秋華賞か府中牝馬Sに出走した馬が多く連対している。3歳馬が勝つときは能力が抜けている馬(重賞勝ち馬)、古馬の場合も重賞勝ち馬なので穴馬がなかなか来ない。だから、今年は面白いと思う。

 前売りオッズをみると1人気はカワカミプリンセスというのは分かるが、2人気が重賞未勝利のポルトフィーノ、3人気が3歳の時に重賞を勝っただけのベッラレイア、4人気が秋華賞6着のリトルアマポーラ。データからだと上位馬に不安がいっぱい。

 展開が速くなるようなら上記に馬に分があると思うけど、ペースが遅くなるようだと前に行った馬が有利だと思う。僕は前に行ける馬の方がいいと思うんだよね。

 JRA-エリザベス女王杯

at 18:17 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。