【WBC】宿敵韓国を倒すもイチローはいまひとつ

 韓国戦は何かが違うね。先制点を取られたが、内川の同点ホームランで追いつき、片岡のポテンヒットで逆転。しかし、ここからが重い雰囲気に。4回、7回とイチローの前にランナーを溜めたが結果は凡打で無得点。7回に田中将大がホームランを打たれて同点に。何だが、韓国の方に勢いがいったと思ったが8回に連打で3点取ってくれた。9回には先頭打者のイチローがヒットで出て、中島が送って当たっている青木がヒットで1点を追加。実に理想的な点の取り方を最終回でやっと出来た。9回は藤川が抑えてゲームセット。
 2-1から2-2になったときは嫌な感じがしたけど8回の青木のヒットは大きかったね。これで、韓国には2勝2敗だが韓国のピッチャーはエースではないですからね。どうせならエースを叩いて勝ちたいよな。まあ、勝ったからいいかな。次もジャパンの試合を見られるのは嬉しいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする