2009年3月22日

必殺仕事人2009 第10話「鬼の末路」

 ゲスト 池上季実子、荒川良々、平泉成、内山信二

 無差別殺人を題材にした作品。無差別殺人だけに仕事が難しいと思ったが、依頼人は無差別殺人を起こした犯人の母親。母親の目の前で仕事をする経師屋の涼次だったが、仕事を見られた母親はそのままに。仕事人は仕事を見られたらダメだろうと思ったら小五郎がやってきてバッサリ。依頼人だろうが、何だろうが仕事人は仕事を見られた相手は殺さなくてはいけないという非常さを涼次に教えた小五郎だった。

 一方、源太は人を殺めることに迷いが。その迷いのおかげで仕事を仕掛けた相手に逆襲されてしまう。しかし、何とか殺すがそこに町方の伝七が通りかかって職質を受けてしまう。源太の足下には殺された男の遺体が。そのやりとりを見ていたのは小五郎。どうなる源太、どうする小五郎。次回は最終回か・・・・。

 必殺仕事人2009

at 12:27 | グルメ | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。