2018年2月 9日

テーラーメイド スリーブの互換性(M3・M4)

 2月16日発売のテーラーメイドM3・M4ですが、テーラーメイドファンが気になるのはスリーブが過去のモデルと互換性があるのかどうかでしょう。先に結論をいうと互換性はあります。互換性のないスリーブは装着できないか、装着できたとしてもレンチで締めた時にガタツキがあります。これまでの経験上、装着できて隙間やカタツキがなければ問題はありません。

 メーカーのホームページにはスリーブの互換性についてはどこにも記載はありません。しかし、スリーブの形状をみると前作のM1・M2を同じスリーブを使われているのが分かります。

 実際にM1・M2用のシャフトをM3・M4のヘッドに装着して試打してみましたが問題はありませんでした。また、M3・M4用のシャフトをM1・M2のヘッドに装着して試打してみましたがやはり問題はありませんでした。

 M3・M4のヘッドに以前のモデルのシャフトを装着した場合はあくまでも自己責任で行うことが前提になります。タイトリストのように互換性表がないメーカーはすべて自己責任で何かあった場合は保証が効きません。

 どのメーカーのスリーブを見てもスリーブの完成度が上がっているので見た目には変わったように見えません。互換性はあるけど、実際はスリーブの重量が違う場合もあります。ただ、付け替えて使う分には問題なく、バランスや全体重量を気にする方はカスタムオーダーでメーカー保証がついたシャフトを使うことをお勧めします。

 参考までにテーラーメイドのカスタムオーダーのページには「ロフト調整スリーブ 接着ポジション」について書かれているページがあります。このPDFの一番下のところには「 上記の各ロフト調整スリーブは、それぞれ専用スリーブになっており互換性はございません。」と書かれています。


テーラーメイドのスリーブ
左:M2、右:M4

at 17:47 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。