PRGR(プロギア)の2018「RS」シリーズは7月13日発売予定

プロギアのサイトを見ると新しいRSシリーズのプレスリリースが出ていました。新しいRSシリーズのラインナップはドライバーはRSとRS F、フェアウェイウッドはRS FW、ユーティリティはRS UT、アイアンはやさしいRSアイアンとRSフォージドアイアン、ウェッジはRSウェッジなどです。

RS ドライバー | プロギア(PRGR)オフィシャルサイト
高初速のレベルが違う。高初速の広さが違う。ドローで飛ばすRSドライバー。

今度は”ギリギリ全開”

2017年モデルのRSシリーズは”ギリギリ”でしたが、2018年モデルのRSシリーズは”ギリギリ全開”になりました。全開までもっていって大丈夫なのでしょうか?RSシリーズはギリギリを越えてしまったことがありましたので心配ですね。

Wデザインでギリギリをさらに強く

前作で採用したWクラウンをさらに進化させた新Wクラウン設計と新たに反発エリアを広げたWモーメント設計でギリギリのさらに強くして、ギリギリの範囲をさらに広くしたようです。

ドライバーのWモーメント設計の説明を見ると比較が一般ドライバーとありました。前作とどこが違うかが知りたいので前作との比較が欲しかったです。差があるのを見せつけたいのはわかりますが、これでは説得力に欠けますね。残念。

PRGR 新RSシリーズ紹介
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする