今度のスリクソンZ85シリーズはつかまるクラブになった

スリクソンの新しいクラブZ85シリーズを試打してみました。今度のZ785とZ585ドライバーはつかまりがいいクラブです。前作のZ65シリーズはプロが使いやすいクラブを目指して設計されているだけあって左に行かないクラブでした。おかげで全然つかまらないドライバーでしたね。シャフトも純正MIYAZAKIでもカッチカチでしたから。

Z585はこれまでのスリクソンのドライバーと違う

Z585は歴代のZシリーズとは全然違いますね。アドレスしたときに感じるのは、ヒールが下がってトゥが上がって見えるので、かなりアップライト感じに見えるのでつかまりがいい印象を受けます。また、シャフトもこれまでよりもソフトに仕上がっているので、これもつかまりがいいですね。

Z785はZ585ほどではないですが、やはり優しい印象を受けます。このクラスのドライバーとしてはちょっとアップライトに見えますね。カタログのライ角は58度なのでアップライトではないですが、アドレスするとアップライトに感じます。

T785はシャフトが可変式のカチャカチャなので、シャフトとの組み合わせで自分の好みに出来ますね。叩き系の人にはDiamana DF、KUROKAGE XD、KUROKAGE XTなど。切り返しが速い人はTOUR ADシリーズがいいと思います。まあ、実際に打ってみて、その時にイメージした弾道が出てくれるシャフトとの組み合わせがベストになります。

スリクソン Z785のスリーブの互換性
9月21日発売のスリクソンZ85シリーズ。Z785はシャフトが取り外し可能なカチャカチャ、Z585はシャフトが取り外し不可の接着になりました...

カスタムメイドクラブ | DUNLOP GOLFING WORLD
ダンロップでは、よりご満足いただくために標準仕様外のシャフトやグリップを装着するカスタムメイドクラブをご提案しています。標準仕様では飽き足りない、これぞマイ・クラブという1本、1セットをお探しの方は、ぜひご検討ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする