『下町ロケット』 池井戸 潤

佃製作所の社長・佃航平は宇宙科学開発機構の研究員でロケットエンジンの開発に携わっていた。しかし、巨額を投資されたロケット打ち上げに失敗し、その責任を取ってロケット事業から身を引いて、父親の経営している町工場の社長となった。

主に小型エンジンのサプライメーカーとして細々と経営していたが、大手ナカシマ工業から訴訟を起こされて八方ふさがりに。でも、特許侵害訴訟では「捨てる神あれば拾う神あり」で助っ人弁護士のおかげで逆転勝訴。そして、本題のロケットエンジンへの展開へ。最大手の帝国重工が開発したロケットエンジンのバルブシステムの特許が、実は佃製作所の先に特許を取得したいたのでさあ大変。

帝国重工はあの手この手でバルブシステムの特許を手に入れようとするが、佃社長は頑として受け入れない。帝国重工に佃工業が制作したバルブシステムを納品という形から、帝国重工の厳しい製品テストへと話は流れ、大手の傲慢な態度やそのやり方に、バラバラだった佃工業の社員たちが団結して立ち向かう「佃プライド」。この項がジーンと来る。

最後のロケットが飛ぶシーンでは思わず涙がホロリ。これが、電車の中だったので恥ずかしかったなぁ(誰も見ていないけどね)。

『下町ロケット』は話の展開が面白く、面白さが徐々に加速して行くのでページをめくる手が止まらなかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする