トミー・フリートウッドのドライバー連続写真が凄い!

トミー・フリートウッドのドライバー連続写真 - みんなのゴルフダイジェスト

トミー・フリートウッドのドライバー連続写真(16枚)を見ると、トップの位置(10枚目)にくるまでに軸がほとんどブレていないのが分かります。こんなに、キレイにバックスウィングが出来ればボールは曲がらないです。

トップからの切り返しでスウィッチが入り、グッと力強いダウンスウィングに入ります。もうここからはプロならではのスウィングです。

アマチュアがマネしていいのはアドレスから、連続写真の1枚目から6枚目ですね。特に3枚目までが出来れば上々ではないでしょうか。スライスする人は2枚目の手の位置でヘッドがもっと上がっていたり、フェースが開いていたりしています。

綺麗なアドレスですね。ボール位置、グリップなどはアマチュアがマネして欲しいところです。

ここでも、手の位置、向きに注意です。フェースは自然に感じで、開き過ぎず閉じ過ぎずです。右ひじがリラックスしている状態で真上を向いているので、ここから自然に腕がたためてきます。

左手の甲が正面を向いているのでヘッドはややシャット気味に見えます。右ひじが曲がり始めていますが、右わきは自然な感じです。ここで、右わきが閉じてしまうと小さなスウィングになってしまいますね。

左腕がピンとしてますね。これだと、力が逃げないのでトップからの切り返しでビュッと戻ってきます。左手首が折れていないし、右手はしっかり支えてますね。

ここまでが重要だと思っています。アマチュアがマネしていいのは3枚目までですかね。これ以上はちょっと難しいと思います。特にアドレスは真似した方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする