キャロウェイ EPIC MAX、EPIC SPEED、EPIC MAX LSのヘッド重量

Golf

キャロウェイの2021年モデルEPICシリーズは人気ですね。特にEPIC MAX LSはSELCTED STOREのみの販売ということもあって市場に出回る数が少ないのか10.5度のヘッドはすでに欠品とか。ネット上の試打インプレッションでは9度はボールが上がらないという事がまことしやかに流れているようで、その影響がでているのかも。

 

2021年モデルのEPICシリーズのヘッド重量

MAVRIKシリーズと比べてEPICシリーズは各モデルの重量差が小さくなりました。また、2019年EPIC FLASHシリーズと比べても今回の方が少し軽くなっていました。

 

 

ヘッド重量が違うということはバランスも変わってくるので、MAVRIKについていたSpeeder EVO6 661Sにそれぞれのヘッドを装着して、バランスと重量を測ってみました。これを見ると、MAVRIK SUBZEROはバランスが重いです。キャロウェイのサイトでMAVRIK SUBZEROとEPIC MAX LSのスペックを比較してもバランスが2ポイントMAVRIK SUBZEROの方が重く出ていました。

MAVRIK SUBZEROを使って飛んでいる人がEPIC MAX LSに変えるとヘッドが軽いので飛ばなくなる可能性があります。その時はEPIC MAX LSをMAVRIK SUBZEROと同じヘッド重量にしてあげると、振り感が同じ感じになり飛距離が出ると思います。これは、タイトリストの917D3とTS3で同じことがありました。ですから、MAVRIK SUBZEROが上手く打てなかった人はEPIC MAX LSにするとヘッド重量が軽いので振り抜きがよくなって当たるようになる可能性があります。

 

 

EPIC MAX LS スペック表

 

 

MAVRIK SUBZERO スペック表

 

キャロウェイゴルフ公式サイト | ゴルフギア,アパレル
キャロウェイ オンラインストア(Callaway)。ゴルフギアやアパレルなどの製品情報やツアー、イベントニュース、所属プロ情報などもご紹介。メルマガ登録で15%オフ。メンバー登録していただくとポイントが付いてきます。