ピンG425シリーズのツアー系シャフトと60g台シャフトのVENTUS 6、TENSEI PRO WHITE 1K 6、D-Limited 6、TENSEI CK Pro ORAGE 6S、TOUR AD HD-6、Diamana TB-60S、SPEEDER EVO7 661Sの振動数を測ってみた

Golf

前回はG425シリーズの純正シャフトを基準にピンツアーやカスタム系50g台のシャフトの振動数を測りました。今回はもう少しハードな60g台を中心に振動数を測ってみました。振動数を測ったシャフトは以下の通りです。

 

PING TOUR 173-65 X / PING TOUR 173-75 X
VENTUS BULE 6S / VENTUS BULE 6X
Diamana D-Limited 6S / Diamana D-Limited 6X
TENSEI CK PRO OG 6S
TENSEI PRO White 1K 6S
TOUR AD HD-6S / TOUR AD HD-6X
SPEEDER EVO7 661-S
Diamana TB-60 S

 

 

PING TOUR 173はバリエーション豊富

PING TOUR 173には55SR、55S、65R、65S、65X、75R、75S、75Xの8種類があり、55シリーズ、65シリーズ、75シリーズのそれぞれのフレックスで重賞差があります。55シリーズは軽硬系、65と75シリーズは粘り系というイメージです。振動数で見ると、55S(272)、65S(268)、65X(284)、75S(261)、75X(270)となっていました。同じSフレックスでは55>65>75となり55が一番硬く、Xフレックスでは65>75となっていました。一般的にシャフト重量が重くなると振動数は硬くなりますが、PING TOUR 173シリーズでは重い方が振動数が柔らかく出ています。重いシャフトの方が振りやすいけど、硬いシャフトだと力み過ぎるという人には75Sがおすすめです。また、シャープに振り抜きたい人には55Sがおすすめです。

 

TENSEI PRO WHITE 1KとTENSEI CK PRO Orange

この春に発売になるTENSEI PRO WHITE 1Kは日米で発売される新商品です。TENSEIシリーズにはメジャー選手が使うCK PROやCKがありますが、PRO WHITE 1Kは別物です。日本で発売されているTENSEI CK PRO Orangeは手元にタングステンを入れてカウンターバランスにしていますが、PRO WHITE 1Kは手元にクロスカーボンを入れて手元にしなやかさを出しています。ソリッド感が欲しい人はD-Limitedがお勧めです。PRO WHITE 1Kの50SとD-Limited 50Sを試打しましたが、PRO WHITE 1Kの方が手元のしなり感があって振り抜きがよかったです。D-Limitedは手元もしっかりしているのでヘッドスピードがある人には合うかもしれません。

 

振動数やトルクはあくまでも目安で、振り感を大事にした方がいいです。数値に頼るのが悪い事とは思いませんが、自分の感覚を大切にした方が自分に合ったシャフトが見つかると思います。VENTUS 6SとHD-6Sは振動数、トルク、シャフト重量が似ていますが、シャフトの特性はまったく違いますからね。キックポイントが違っても数値が同じに出てしまうことはよくありますので注意した方がいいと思います。

 

【参照サイト】

G425ドライバー│CLUB PING【PINGオフィシャルサイト】
PING史上最大MOIの飛び。G425登場。ブレない革新。さらなる勝利へ。
TOUR AD HD | Tour AD - グラファイトデザイン
最新素材の組み合わせによる弾きとスピンの両立、叩ける弾き系シャフト 「TOUR AD HD」シリーズは、現在の
https://www.mitsubishichemicalgolf.jp/
VENTUS | フジクラシャフト | ゴルフシャフト・リシャフトのフジクラ
VENTUS | フジクラシャフトの公式サイト。製品ラインナップ、試打会情報から、シャフトの選び方まで幅広くご紹介。100人のプレーヤーがいれば、100通りのシャフトが必要と考える。それがフジクラのフィッティング思想です。