ゴルフプライドのグリップがない。メーカー採用も減っている。

Golf

昨年から市販品のグリップがないという状態が続いている。と言ってもナンバーワンやエリートやSUSASなどはそこそこ在庫はある。しかし、メーカー採用が一番多いゴルフプライドのグリップがない。

テーラーメイドはSIMの時はゴルフプライド製でしたが、SIM2からラムキン製グリップを採用しています。また、PシリーズアイアンやMG3などウェッジはゴルフプライド製です。SIMのゴルフプライドから、SIM2のラムキンに変わったときは太さが細くなったので気になりましたが、STEALTHについているラムキンはSIM2の時よりも太くなりましたね

タイトリストやキャロウェイはすべてゴルフプライド製です。ピンはグリップエンドについているアーコスがなくなりました。コブラもなくなったので半導体不足でアーコスの供給が遅れているのでしょうか?

驚いたのはミズノのST-X220/Z220のグリップがIOMICになったことです。IOMICのグリップの握り感は好きですが、ミズノがIOMICを採用したのにはちょっと驚きました。これまでは、ゴルフプライドM31ラバーグリップ(ミズノオリジナル)がほとんどでしたからね。

ミズノがゴルフプライドを採用できなかったということはグリップの供給が間に合わないのでしょうね。

ゴルフプライドはアメリカの企業なので、アメリカでの需要が高いと自国優先になります。ですから、アメリカでの供給が落ち着かないと日本には回ってこないでしょうね。また、ゴルフプライドは台湾とタイで製造されています。台湾は大丈夫と思いますがタイでは新型コロナの影響があるかもしれないですね。