ブリヂストンゴルフのB3ドライバーがR&Aの適合リストに載っていた

Golf

久しぶりにR&Aの適合リストを見ていたらブリヂストンゴルフのところにB3DDとB3SDというドライーバーがリストオンされていた。これまで発売されているのがB1とB2なのでB3DDとB3SDは新しいドライバーかもしれない。

ソールデザインも似ているし、B1とB2に搭載されているサスペンションコアもついています。弾道調整付きですが、可変式ウェイトは付いていないようです。可変ウェイトがついていないということはB2よりも優しいモデルだと思います。DDとSDですが少しデザインが違っていて、ソール後方のデザインを見ると、DDのほうがドローバイアスが利いたヘッドのようです。

ブリヂストンゴルフには軽量モデル(XXIO対抗モデル)のPHYZがありましたが、しばらくニューモデルが出ていないようなので、B3はPHYZの後継にあたるモデルになるのかも。タイトリストがVG3からTSi1にしたようにブリヂストンゴルフもPHYZをB3にしたのかも。

これが、製品版なのかテスト版なのかはそのうち分かるでしょうね。

 

出典元:R&A

 

 

出典元:R&A