ブリヂストンゴルフ 415ccの極小ヘッド『B-Limited 415』を発売

Golf

ブリヂストンゴルフが9月9日に415㏄という小ぶりのヘッドの『B-Limited 415』を発売します。415㏄というヘッドサイズは現存する大手メーカーの中では最小のヘッド容量です。大型ヘッドになじめない古き良きゴルファーにとっては朗報ではないでしょうか。また、ツアーステージファンにとって、415と言えば12年前の2010年に発売されたX-DRIVE 705 TYPE415を思い出すでしょう。

ヘッド形状を見ると、B-Limited 415X-DRIVE 705 TYPE415は投影形状がよく似ているし、顔(フェース面)も似ています。スコアラインの入れ方も現代風ではなく、クラシックな入れ方をしているのもいいですね。ヘッドはこのサイズですから当然フルチタンです。

素材ですが、ボディはブリヂストンゴルフが長年採用しているTi811で、フェースは6-4Tiです。ソールについているネジは4gのチタンネジと12gのタングステンネジです。

購入はブリヂストンゴルフが行っているゴルファーズドックや試打会または直営店のみです。カスタム専用モデルなので、店舗に並ぶことはないですね。

ニュースリリース 『B-Limited 415』を発売 

B-Limited 415

 

X-DRIVE 705 TYPE415