【マークダウン情報】ピンG425シリーズ

Golf

ピンのG425シリーズ(ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン)が9月15日からマークダウンになりました。G425の後継モデルは露出していませんが、G425がマークダウンになったということは次期モデルの発売は近いかもしれませんね。

G425のマークダウン価格は以下の通りです。

DR 純正(ALTA JCB SLAT、TOUR173など) 税込み¥46,200
DR カスタム(TOUR AD、Diamana、Speederなど) 税込み59,400
DR プレミアムカスタム(TENSEI、VENTUSなど) 税込み¥62,700
FW  純正(ALTA JCB SLAT、TOUR173など) 税込み¥29,700
FW カスタム(TOUR AD、Diamana、Speederなど) 税込み¥42,900
FW プレミアムカスタム(TENSEI、VENTUSなど) 税込み¥46,200
UT 純正カーボン(ALTA JCB SLAT、TOUR173など) 税込み¥26,400
UT(NS950NEO、MODUS) 税込み¥24,200
アイアン 純正カーボン(ALTA JCB SLAT) 税込み¥92,400
アイアン スチール(NS950NEO、MODUS) 税込み¥79,200

G425ドライバーシャフトの種類

ピンは他社と違い、カタログ上には多くの種類の出ています。以下の表に出ているシャフトは商品登録をしているので販売会社が登録されている商品の標準仕様で仕入れていると店頭に並んでいます。
一般的には純正のALTA JCB SLATEのS、SR、R。TOUR 173-55のSとSR、173-65のSなど。カスタム系に力を入れているところであればTENSEI ORANGEなど。
カタログを見ると、ALTA JCB SLATEのSは55g、トルク4.7、中調子。TOUR 175-55のSは55g、トルク3.7、中調子。TOUR 173-65のRは57g、トルク4.3、中調子です。この3種類は重量は近いですが、シャフトの硬さとしてはTOUR 173-55S>TOUR 173-65R>ALTA JCB SLATE Sの順です。
ピンは純正シャフトだけでも種類が多く、またフレックス間で差をつけているので違いが分かりやすいです。フレックス表記だけに頼らずにスペックを見てどれがあっているか分かるようになるとシャフト選びがワンランクアップできると思います。

出典元:ピンゴルフジャパン

G425フェアウェイウッドのシャフトの種類

フェアウェイウッドのシャフトを見ると、ALTA JCB SLATEはフェアウェイウッド専用で設計されていて、TOUR 173-55/65はドライバーをカットしている感じです。TOUR 173系はカスタム系と同じ扱いのようですね。

 

出典元:ピンゴルフジャパン

 

G425ユーティリティのシャフトの種類

ユーティリティのシャフトを見ると、ALTA JCB SLATEとTOUR 173-85をくっつけてみると分かりやすいです。ALTA JCB SLATEのRから徐々に重量が重くなり、トルクが絞れて来るのが分かります。ですから、フレックスで判断するのでなく、ALTA JCB SLATEのSが少し軽く感じたらALTA JCB SLATEのXかTOUR 173-85のRを試してみるのがいいですね。まあ、試打シャフトや商品はあまりないと思いますが(^^ゞ

出典元:ピンゴルフジャパン