2004年6月 5日

藤沢厩舎の大攻勢

日曜日は6頭出しの大攻勢。しかも、その顔ぶれを見るとどの馬も人気になりそう。オープン馬があふれかえる藤沢厩舎だが安田記念と愛知杯には1頭ずつしか出走しないのも不気味だ。どの馬にもチャンスがあるように思えるけど旨味にはかけるから取り扱いに困るんだよな。



東京4レース 未勝利戦 サンデーストリーム
馬主の持ち馬にはボールドブライアン、ハッピールック、ブラストサンデーなど。ほとんどの馬を藤沢厩舎に預けているお得意さん

東京7レース 500万下芝2300m バアゼルテイオー
地方からの転厩馬で馬主は市川義美氏。2連勝中だが転厩馬のため賞金が少なく再度500万に出走。誰が乗っても勝てそうな馬だね。この日はピサノペガサスとシャイニンルビーも出走。最終にはピサノデュエルが出走するが、藤沢厩舎の馬は出ない。

東京9レース 3歳500万下芝1800m ピサノペガサス
前走のすみれSではキングカメカメハの4着。逃げて目標にされた分だけこの着順は仕方がないだろう。近親にフジキセキやシャイニンレーサーなどがいる良血馬だけにここはアッサリ勝ってしまうのか。

東京10レース 麦秋Sダート1600m ウインデュエル
昇級戦だが今までのダートの走りっぷりが桁違いだっただけにここも通過点か。手綱をとるのが乗り続けている岡部騎手だけに期待大だろう。

東京11レース 安田記念 ウインラディウス
京王杯スプリングSを勝った馬って人気になるけど走らないんだよね。と書いてみたので調べてみると過去18年で[4-3-0-11/18]で、4勝のうち2勝が藤沢厩舎の馬なんだよね。あくまでも過去の事だけど。

中京11レース 愛知杯 シャイニンルビー
牝馬限定の重賞だね。ハンディ戦だけど55キロはハンディ差±0だから昇級戦としては見込まれたね。同世代にはシアリアスバイオやチャペルコンサートなどがいるけどひとつ下の世代が結構骨っぽいからね、どうだろう。

at 23:25 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。