2004年11月 2日

天皇賞(秋)を振り返る

1着 ゼンノロブロイ
もうペリエ様には完敗です。道中のポジションといい、仕掛けのタイミングといいあなたは凄いです。

2着 ダンスインザムード
3連単の2着付けで大分買わせて頂きました。秋華賞を見てこの馬は遅いペースはダメということが分かったので天皇賞はいいと思ったんだよね。

3着 アドマイヤグルーヴ
牝馬限定戦なら滅法強いけど混合戦だとサッパリなのでどうやっても買えませんでした。しいて挙げればこの日のトラックバイアスを考えれば、内枠と言うことで買えたかもしれないね。

4着 ツルマルボーイ
6歳馬には厳しいレースと言うことが分かっていたので無印にしました。エビナ君としてはベストな騎乗でしたが、結果としては致し方ないですね。

5着 ローエングリン
絶妙なペース配分でした。これで勝てないのだからG1では厳しいでしょう。G2以下にだったら即勝てるような気がします。

本命 テレグノシス
距離を考えたら外を回すのはボーンヘッドでしょう。

対抗 サクラプレジデント
折り合っていたように見えたけど急仕上げだったのかもしれないね。

単穴 バランスオブゲーム
先行で傷に外々を回る展開では厳しい


at 00:40 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。