『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎

ラッシュライフ
ラッシュライフ

posted with amazlet on 06.10.17
伊坂 幸太郎
新潮社

 これぞ伊坂ワールドというべきか。最初の物語は「志奈子が」から始まり、次に「黒沢は」と始まり、3番目に「河原崎は」となって、4番目に「京子は」ときて、そろそろ話がつながってもと思っていると5番目に「豊田は」ときた。この5つの物語がどこかでリンクするのかを思って読み進めるがいっこうに交わらない。舞台となった仙台の街で近くにいるのだからどうにかなるかと思って読むがこれが話がめちゃくちゃ。と思っているとバラバラに並べたパズルのピースが一つ埋まるごとに話がつながって来るから面白い。最終的に5つの物語が全てつながるわけではないが、同時進行している物語だと思ってしまう固定観念を打ち破られて「あ~、そうなのか」と思わせる所がこの作品の面白い所かも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする