『流れる砂』 東 直己

スポンサーリンク
流れる砂
流れる砂

posted with amazlet on 07.03.14
東 直己
角川春樹事務所 (2002/11)

 私立探偵・畝原シリーズの第2作目。第1作目を読んでいないので登場人物のつながりはよく分からないが、スカッとしたハードボイルドというよりもドロッとした人の嫌な部分をたっぷりとみせてくれる作品だった。小さな事件が発端で、関係ない事件をいくつも抱えて行くうちにどこかで繋がっているというわかりやすい話の流れだが、登場人物に嫌なヤツが多い。主人公の畝原もいい人ではないし、探偵仲間の横山は口も態度も最悪、犯罪を犯している本村康子においては背筋が冷たくなるような絶対関わりたくないタイプの人間だったり、まあ人物描写が優れているとは思えないけどジワジワと入り込んでくる。
 事件が解決するときは一気に瓦解するわけだが、謎解きが少ないのはちょっと不満だな。でも、この前後作は読んでみたいと思う。じゃないとスッキリしないしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする