【大相撲春場所】優勝決定戦は白鵬に軍配

 優勝決定戦はなんともあっけない取り組みだった。千秋楽で千代大海と対戦した朝青龍は“またしても”変わって叩き込みで勝った。千代大海の仕切がちょっと速かったにせよ、横綱が変化するのはいただけない。しかし、優勝決定戦では白鵬が変わって朝青龍を叩き込みで破った。負けた朝青龍はいつもだったら「クソッ!」という顔をするのに今回は「やられた」って感じで苦笑いだった。自分が変わって勝ったのを逆手に取られたのだから仕方がないだろう。それにしても横綱と大関の一戦が変化する取り組みというのは長年大相撲を見ている僕には凄く後味が悪い。勝つためには手段を選ばないというのは分かるが、横綱には横綱の、大関には大関の、その地位なりの取り組みがあると思う。上位陣が変化するような相撲を取るようだと人気が下がるばかりか、相撲という日本の伝統芸能が廃れて来てしまうと思う。
 goo 大相撲

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする