『制服捜査』 佐々木 謙

 制服捜査というのは交番勤務の警察官の事。主人公の川久保篤巡査部長は道警の刑事だったが、転勤で志茂別駐在所に単身赴任で勤務。志茂別町は人口6000人の小さな街。この小さな街に様々な出来事が起きるが、駐在所勤務の川久保は捜査には加われない。捜査ができないジレンマと地域住民でつくる防犯との狭間で事件解決へのヒントを探る。捜査はできないが、駐在所勤務として地域住民との情報交換の中で犯罪の手がかりになるヒントを探してくる。
 5つの短編からなる連作で最初に種まきをして、最後に刈り取るように出来ている。警察内部の不祥事とか、キャリアとノンキャリアの暗闘とか、派手な格闘シーンもない。淡々と話は流れるがこれまで読んだ警察小説と違って実に面白いと思った。
 佐々木謙氏の作品と言えばこれまで、源義経が奥州に逃げたその後を描いた『駿女』、第二次世界大戦での零戦パイロットを描いた『ベルリン飛行指令』、幕末の幕臣・榎本武揚を描いた『武揚伝〈1〉』などを読んだがどれも面白かったな。いろんなジャンルに精通しているから凄い。これまで読んだ中では第二次世界大戦頃を書いた『ベルリン飛行指令』『ワシントン封印工作』『ストックホルムの密使』の3冊がとくに面白かった。

制服捜査

posted with amazlet on 07.06.07
佐々木 譲
新潮社 (2006/03/23)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする