全米オープンゴルフで優勝したブルックス・ケプカの使用クラブ

第118回全米オープンゴルフは昨年の覇者ブルックス・ケプカが連覇しましたね。優勝スコアは1オーバーという厳しいコースコンディションの中、耐えて耐えての優勝でした。

ブルックス・ケプカのドライバーはM3

ドライバー:テーラーメイド M3(三菱Diamana D + 70TXシャフト)、9.5度
フェアウェイウッド:テーラーメイドM2ツアーHL(三菱Diamana D + 80TXシャフト)、16.5度
アイアン: Nike Vapor Fly Pro(3番アイアン、Fujikura Pro 95ツアースペックXシャフト)
アイアン:Mizuno JPX-900ツアー(4-PW、True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100シャフト)
ウェッジ: Titleist Vokey SM7(52-12F、56-10S、60-08M度、True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400)
パター: Scotty Cameron T10 Select Newport 2
ボール: Titleist Pro V1x

pgatour.com

ケプカの使用クラブがPGATOURのHPに出ていました。ドライバーはM3、#3はM2、アイアンは#3だけナイキで#4-PWはミズノJPX900ツアー、ウェッジはボーケイ、パターはスコッティキャメロンでした。

ドライバーのシャフトはDiamana D + 70TX、3FWがDiamana D + 80TXとすごく硬いシャフトのセッティングですね。アイアンがX100ですが、ウェッジはS400という組み合わせでした。ボーケイウェッジは52-12F、56-10S、60-08Mの3本入れです。サンドはボーケイさんの推奨する56でしたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする