テーラーメイド M5・M6のシャフトスリーブの互換性

2月15日発売のテーラーメイドのM5/M6ですが、シャフトスリーブの互換性はあります。M3/M4の時にスリーブの互換性について書きましたが、M5/M6のスリーブを見ると形状は同じでした。

テーラーメイド スリーブの互換性(M3・M4)
2月16日発売のテーラーメイドM3・M4ですが、テーラーメイドファンが気になるのはスリーブが過去のモデルと互換性があるのかどうかでしょう。先...

M5/M6は過去モデルとシャフトスリーブの互換性はある

ユーザーが気にしているシャフトの互換性ですが、メーカーのホームページを見てもどこにも記載はありませんでした(現時点で)。スリーブを見れば互換性があることは分かるので、メーカーとして表記すべきですね。今のところタイトリストだけは互換性についての表記があります。

可変式のシャフトスリーブを採用しているメーカーを見ると、タイトリスト、キャロウェイ、テーラーメイド、ピン、ブリヂストンゴルフ、スリクソン、プロギア、ヤマハなどがありますが、どのメーカーもスリーブの完成度(素材、方式、強度など)が上がっているので見た目が一緒ならほぼ互換性があると思っていいですね。特にドライバー用は互換性について心配はないかと思います。

上からM5、M6、M3

注意しなくてはいけないのは、スリーブの互換性はありますがクラブの長さが違ったり、シャフトの長さが違ったりすることがあります。クラブの長さはカタログのスペックを見れば分かりますが、シャフトの長さは外して見比べないと分からないですからね。ヘッドのヒールからネックの頂点までの長さが違うと、シャフトの長さは変わります。シャフトの長さが変わるとクラブの長さも変わり、バランスも変わってきます。

シャフトを入れ替えて使ってみて、調子が良ければ問題ない。何が使い勝手が悪く感じたら長さやバランスをチェックして見るといいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする