日本ダービーの前に、武豊と日本ダービー特集のNumber 978号を読む

スポンサーリンク

5月26日(日)は第89回日本ダービーが東京競馬場で行われます。雑誌Numberでは「日本ダービー革命元年」として過去の7回のダービー回顧と令和最初のダービーの本命馬サートゥルナーリアについて、そして過去最多の4回も日本ダービーを勝っている武豊のインタビューが出ている。

Numberが競馬で特集を組むときは、競馬が盛り上がっているときだけなんですね。今年で言えば、無敗のダービー馬の可能性を秘めたサートゥルナーリアの存在が大きいでしょうね。サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオ、兄エピファネイヤ、リオンディーズと父母兄がJG1を勝っている超良血馬。父ロードカナロアといえば、昨年の牝馬3冠を制し、ジャパンカップも勝ったアーモンドアイがいる。母シーザリオはオークスとアメリカンオークスの日米オークスを勝っている。鞍上の予定だったルメールが騎乗停止になり、短期免許で来日中のダリル・レーン騎手に乗り替わったのも話題になりましたね。

サートゥルナーリアは2歳G1のホープフルSを勝ちましたが、皐月賞へはステップレースを挟まないという異例のローテーションで勝ちました。そこにあるのが、社台系ノーザンファームの外厩施設(ノーザンファームしがらき)でした。Numberでは関東のノーザンファームの外厩施設ノーザンファーム天栄を取り上げています。

Number(ナンバー)978号「日本ダービー革命元年。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのNumber(ナンバー)978号「日本ダービー革命元年。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またNumber(ナンバー)978号「日本ダービー革命元年。」 (Sports ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする