台風15号の爪痕 自宅周辺は木々の小枝などが散乱しているだけでした

スポンサーリンク

午前4時、台風15号の風雨の影響で強い雨脚が窓を叩く音で目が覚めてしまった。

昨日はいつものようにビールを飲んで、日本酒を飲んで、いい気持ちでベッドに入った。で、いつものように喉が渇いて夜中に目が覚めたのが午前1時。その時は、雨は降っていたけど寝れないほどではなく、すぐにベッドに入って寝れた。でも、午前4時ごろあまりに煩い雨音に目が覚めてしまった。

外の状況を見たくなったが、あまりに凄い風と雨なのでやめておいた。人間の心理だと真夜中でも、外がどういう状況になっているのか気になると出てしまうんでしょうね。それは、分かる気がしました。

photo by weathernews

被害はなかった

4時半過ぎに煩い中でも寝ることが出来た。目が覚めたのは6時30分ごろ。この時間だと雨の音もしないので台風は通過した後だったらしい。外に出てみると、枝葉が散らばっているだけで、気にしていたユーカリはなんでもなかった。細い枝のチェリーセージはなぎ倒されていたが、これはそのうち復活すると思う。柏葉アジサイは葉が大きいので少し飛ばされていた。他は、折れた木も飛ばされたものもなかった。

台風15号は関東地方に直撃すると言っていたので、飛ばされそうなものは避難しておいて正解でした。

昨年の台風24号の時は、ランニングコースの多磨霊園の杉の大木が倒れたり、家の壁が崩れたりと被害は大きかったが、今年の台風15号はどうなんでしょうね。これから、被害状況が明らかになってくるけど、大きな被害がなければいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする