ランニングシューズ用インソール「シダス 3Dラン PROTECT」を買ってみた

スポンサーリンク

現在、使っているランニングシューズ用のインソールはシダスの3Dランです。これを、アシックスのGT-2000 6(2足)に入れています。インソールを入れると入れないでは脚の疲れ方が違います。インソールの良さは踵のホールド感ですね。僕はオーバープロネーションなので、着地した後に足首が内傾してしまいます。具体的には、踵の外側から着地して親指に抜ける感じになります。ですから、踵の外側がすり減ってきます。

シダス 3Dラン PROTECT

ランニング用のインソールはいろいろありますが、お勧めはシダス、スーパーフィート、ザムストあたりでしょうか。僕はシダスを最初に買って、使ってみて、気に入ったので他のインソールは試したことはないのですが、ショップの店員さんに聞くといろいろとおすすめを教えてくれます。僕は踵のクッション性が優れたインソールが好きなのでシダスにしました。

シダス3DランPROTECTは前作の3Dランと比べて、踵のクッション性が上がっているように感じました(新しいからかも(^^ゞ)。また、プロテクト部分の土踏まずの圧が少し和らいだ感じがしました。比べてみると、前作の方がプロテクト部分が硬かったです。硬かったけど特に気になるほどではなかったです。

左が前作の3Dラン、右が新しい3DランPROTECT

プロテクター(黒いプラスチックのような部分)が、前作よりも柔らかくなりました。また、カーブが少しきつくなった感じです。カーブがきつくなりましたが、柔らかいので土踏まずへの”あたり”は気になりませんでした。

踵のクッション材が柔らかくなっています。また、場所もよくなったように感じました。

インソールの寿命

シダス3Dランは使い始めて、およそ1500キロぐらい走っていますが特に違和感はないです。でも、新しいシダス3DランPROTECTを買って使ってみるとクッション性などが違うので、インソールも寿命があるのでは?と思い、シダスにmailをしてみました。

この度は、弊社HPにお問い合わせいただき誠にありがとうございます。

各メーカやシューズによって買い替えるタイミングは、異なると思いますが、
おおよそ500km~700kmが買い替えのタイミングといわれております。
路面・気象環境のほか、その人のランニングフォームによってもシューズの劣化度合いは異なりますので、あくまでも目安です。インソールもそのくらいのタイミングが買い替えのタイミングです。

インソールも使用していると劣化していきます。特にアーチの部分やクッション材のジェルなどサポート機能が落ちてきます。その状態で使用しますとケガの原因になってしまう恐れがございますので、インソールもシューズと同じタイミングでの買い替えをおすすめしております。

メールの内容から、500~700キロが交換の目安なので倍以上は使ってしまったわけですね。でも、特に異常を感じることもなくこれたのは幸運なだけ?かな。まあ、一生使い続けられる商品でもないので、シューズの交換時期に考えればいいですね。

Amazon | SIDAS(シダス) ラン3Dプロテクト | シダス(SIDAS) | スポーツ用インソール
SIDAS(シダス) ラン3Dプロテクトがスポーツ用インソールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする