ランニング用にCW-Xのジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)を買ってみた

ランニング
スポンサーリンク

月間160キロを超える距離を走ると膝に負担が掛かるようで、痛くなる時があった。そこで、CW-Xのジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)を買ってみた。

 

定評のあるCW-Xのタイツ

CW-Xのタイツと言えばイチロー選手がCMを務めていることで有名ですよね。前々から欲しかったのですが、タイツに1万円以上はちょっと高いな?と思っていたので買えませんでした。だけど、昨年の秋に一度膝を痛くしてからは「やっぱりサポート機能が付いたタイツを履いた方が安心かな」と思うようになって、9月に月間200キロを超える距離を走ったときに膝などに違和感を感じたのでついに買いました。

 

どうせ買うなら一番いいやつと思い、定価¥18,000のジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)を買いました。

 

出典元 ワコールCW-X

CW-X(シーダブリュー・エックス) | ワコールのスポーツウェア
コンディショニングウェアブランド CW-X(シーダブリュー・エックス)の公式ページ。下着会社のワコールが培った技術を応用し運動時のカラダをサポートするタイツや、スポーツブラなど様々な高機能ウエアを展開。

 

使用感 可もなく不可もなし 安心を買う

僕のスリーサイズは身長170センチ、体重55キロ、ウェスト73センチですが購入したのはMサイズです。Sサイズだと圧迫感が強いのが気になったので。Mサイズのフィット感はきつ過ぎず緩すぎずといった感じです。購入して20キロ、16キロ、20キロ、16キロと4回走りましたが特に脚への負担が楽になったとは思えませんでした、また疲労感についてもこれまでと変わった感じはなかったです。ただ、CW-Xを履いているという安心感はありますね。

 

脚や膝が痛くなってからでは遅いので、予防としてのスポーツタイツとしてはいいと思います。それは、シューズにも言えることなので安心して走るためのアイテムとしてはいいと思います。