石川遼がマッチョに変身 肉体改造とスウィング改造で米ツアーに挑む

Golf

毎日の日課で、朝は日本経済新聞を読んでいます。1面から順に読んでいたらスポーツ欄で石川遼の記事が出ていました。

マッチョ石川遼、世界見据え スイング大改造の現在地(写真=共同)
男子ゴルフ随一の人気者、石川遼(29)が競技人生で初めてコーチ(田中剛氏)をつけたのは2020年3月のこと。これまで、ゴルフの手ほどきを受けた父・勝美さん以外から教わることはほとんどなかったが、統計データ分析にたけた田中コーチのもと、米ツアー再挑戦へ向けて大幅なスイング改造に取り組んでいる。21年9月で30歳になる「ニ

記事によると人生で初めてコーチを付けたこと、スウィング改造をしていること、また体形が変化していることから肉体改造もしているようでした。

 

男子ゴルフ随一の人気者、石川遼(29)が競技人生で初めてコーチ(田中剛氏)をつけたのは2020年3月のこと。これまで、ゴルフの手ほどきを受けた父・勝美さん以外から教わることはほとんどなかったが、統計データ分析にたけた田中コーチのもと、米ツアー再挑戦へ向けて大幅なスイング改造に取り組んでいる。21年9月で30歳になる「ニュー石川」の現在地は?

新スイングは以前に比べトップ位置がコンパクトになった。またトップからの切り返し、ダウンスイングでクラブを寝かせて下ろし緩やかな軌道を描く「シャローイング」を取り入れているのも特徴だ。ショットの前には毎回、素振りを3~4回は繰り返し、動きを確認している。スイングプレーンの再現性を追求。「ダウンスイングの軌道を特に重視。いいトップ位置から、理想とするインパクトへ高い確率で入れられるか」。石川を参考に渋野日向子もスイング改造に着手し、話題になっている。

日経新聞

石川遼は何度も米ツアーに参戦している。しかし、思うような結果は出ていない。日本では何度も勝っているが、米ツアーでは歯が立たないのが現状。米ツアーには石川遼と同じようなスリムな体形の選手も多いが、飛距離が違う。ということは、見た目以上にあちらの選手はパワフルということ。石川遼と同学年で、マスターズ優勝をした松山英樹は米ツアーのレギュラー選手に負けないほどの大きな体をしている。厳しいトレーニングを積んでパワーを付けないと米ツアーでは勝てないということでしょう。石川遼が米ツアーで成績を残すには今のままではダメということ。松山英樹と同じようにコーチを付け、肉体改造し、スウィング改造にも着手。今後は、これまでと違った石川遼が見られるかもしれない。彼が活躍するとゴルフがもっと盛り上がるでしょうね。