ガーミン アプローチR10とトラックマンの測定項目

Golf

8月20日に発売されたガーミン アプローチ R10(Garmin Approach R10)という弾道測定器ですが、機能が優れていると話題です。私も設定から測定まで一度試してみましたが、なかなかの精度だと思いました。トラックマンと比較しても大きく違うことはないし、税込み7万4800円と言うのはかなりのお買い得ですね。既に、メーカー欠品してオークションサイトでは高値で転売されているようです。予約が出来る取扱店舗であれば時間が掛かっても正規の価格で手に入れることが出来るので、その方がいいと思います。

ガーミン アプローチ R10については、各所で記事になっていますので今更書くことはないですが、youtubeの『ゴルフ雑記帳-ゴルフギア専門チャンネル』は分かりやすいです。いい事だけではなく、残念なことも言ってくれるのがいいです。

 

ガーミン アプローチR10とトラックマンの測定項目

ガーミン アプローチ R10の測定できるのは20項目あります。多くのデータが測定できるのは有り難いですね。そこで、同じレーダー式測定器のトラックマンと測定項目を比較してみました。トラックマンはソフトウェアのアップデートを繰り返して、測定項目が増えていますので最新版はトラックマンのウェブサイトで確認してください。

ガーミン アプローチR10とトラックマンの測定項目を見ると、ガーミン アプローチR10はかなりいいです。測定できるデータが多いほうがいいですが、ツボを押さえているので十分ですね。しかも、動画も取れるので自分のスイングをデータで分析できるのがいいです。

トラックマンを使った試打で、よく「飛んでないなぁ」と言われる人がいますが、データで説明をすると納得してくれる人もいます。ドライバーとスプーンの飛距離が変わらない場合などは、データで見比べるとよくわかります。

弾道測定器では、飛ぶとか飛ばないや曲がりやスピン量などが分かります。結果を見てどうのこうのするのはひとまず置いといて、すべてのクラブで現状の自分のデータを取り、癖や弱点を見つけるのがいいと思います。

 

Garmin | Japan | Home
航空、船舶、自動車、フィットネス&スポーツ、アウトドアなどのさまざまな市場に向けて、革新的なGPS技術をお届けします。
トラックマンジャパン 公式ホームページ
世界中のトッププロも使用するゴルフ弾道測定器トラックマン。初心者から上級者までゴルフ上達に必要な練習メニューが豊富で、超美麗CGによる実在コースのシミュレーションゴルフ体験も可能。インドア練習場、ゴルフバー、個人での使用も増えています。

トラックマンのサイトではトラックマンのデータを図解(PDF)で説明しています。

トラックマンデータ解説

 

しだるTVでGarmin Approach R10とトラックマンの測定数値を比較

試打ラボしだるTVでGarmin Approach R10とトラックマンの測定数値の比較をやってくれました。計測値を見ると、トラックマンよりもやや甘めになってましたが、大きく違うということはなく近い値が出ている感じですね。