日本シリーズ第2戦 ラミレスの一発で勝負あり

 西武の帆足はいいピッチャーですね。涌井とは違うタイプだけど速球と変化球を上手く投げ分けて巨人打線に的を絞らせなかった。ただ、涌井よりはコントロールが甘いので小笠原には打たれていたね。巨人は先発よりも中継ぎ押さえの西村、越智がいい。先発の高橋尚成は中島へのあの1球だけがコントロールが甘く入った。それ以外は良かっただけにの1球はもったいない。
 巨人も西武も4番打者が大ブレーキ。巨人はラミレスが何とか打ったけど、西武の中村は内角攻めにあって自分のスウィングが出来ない感じがした。第3戦は西武球場なので中村の豪快な一発が見られるといいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする