EPIC FLASH について石川遼プロが語った

スポンサーリンク

キャロウェイの契約選手の石川遼プロがキャロウェイの新しドライバーEPIC FLASHを手にして早速試打したようです。

石川遼『EPIC FLASH』?について言及。「アイアンでフライヤーしたみたいな球。低スピンで6yキャリーが伸びた」 | ギアニュース
ゴルフギアニュースをチェックするならゴルフのポータルサイトALBA.Netが便利!国内・海外男女プロゴルフツアーのニュースは勿論、ゴルフツアー結果や詳細、ニュースフォトが見れるのは、ゴルフ情報ALBA.Netならでは!

石川遼プロのエースドライバーはXR16で、テスト計測でキャリーが287ヤードでした。それが、EPIC FLASHだとキャリーで293ヤードになったそうです。キャリーで約6ヤード伸びた。XR16ではスピン量が3000回転ぐらいだったのがEPIC FLASHではスピンが減って、その分飛距離が伸びたみたいですね。

フェースの芯で捉えられるプロで6ヤードですから、これは進化しています。アマチュアだとシャフトとのマッチングがよくて、芯で捉えることが出来れば10ヤード以上飛ぶ可能性がありますね。

キャロウェイの新しいドライバー(EPIC FLASH)の広告を見ると大きく「F」の文字に、「ドライバーはAI時代に」というキャッチコピー。フェース面のような形には「AI design」の文字がちりばめられています。

これを見ると、フェース面をAIでデザインしたということでしょうか?キャロウェイも面白いことを感が出したもんですね。人ではなく、AIにデザインさせてしまうとは。詳しい発表は来年の1月8日なので楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする