テーラーメイドの2021年モデルはSIMシリーズの後継でSIM2

Golf

テーラーメイドの2021年モデルも発表になりましたね。今年のモデルはSIMの後継のSIM2になります。ドライバーとフェアウェイウッドはSIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dの3タイプ、ユーティリティはSIM2とSIM2 MAXの2タイプ、アイアンはSIM2 MAXとSIM2 MAX OSの2タイプです。前作と比べてSIM2ユーティリティが追加モデルになりますね。

 

SIM2シリーズの発売日は2月19日金曜日

SIM2シリーズの発売日はキャロウェイの新EPICシリーズと同じ2月19日です。SIM2シリーズは全アイテムが同時発売になります。SIM2ドライバー、SIM2フェアウェイウッド、SIM2ユーティリティはセレクトフィットストア限定商品なのでテーラーメイドの直販か指定店舗でしか買うことが出来ません。

 

ドライバーはSIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dの3タイプ

ドライバーは前作のSIMシリーズと同じで3タイプです。それぞれが後継になるので分かりやすいですね。SIMとSIM2との大きな違いはフレームがチタンから軽量のアルミに変更になりました。これにより余剰重量が増えたので、SIMよりも慣性モーメントの大きなヘッドになっています。また、クラウン部やソールのカーボン領域が広くなったのも特徴的です。

 

シャフトはSIM2がテンセイシルバーのTM50(2021)で、SIM2 MAXとSIM2 MAX-DがテンセイブルーTM50(2021)です。スペック表を見るとどちらも少しだけ重くなっています。

 

 

フェアウェイウッドもSIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dの3タイプ

フェアウェイウッドも前作のSIMシリーズと同じ3タイプです。SIM2はチタンフェースに80gのステンレスソールは前作と同じですが、サイズダウンしています。SIM2 MAXは#3が10ccサイズアップしてやさしさを出しています。SIM2 MAX-DはSIM2 MAXよりもさらにサイズアップしています。

 

 

ユーティリティはSIM2とSIM2 MAXの2タイプ

ユーティリティは新たにSIM2が加わりました。形状を見るとGAPR Hiの後継のようですね。SIM2 MAXはロフト設定などは同じで少しだけサイズアップしています。

シャフトはSIM2がテンセイシルバーTM70(2021)とNS PRO 910GH(日本シャフトのテーラーメイド仕様オリジナル)、SIM2 MAXがテンセイブルーTM60(2021)とKBS MAX MT85です。SIM2 MAXにテンセイシルバーTM70の設定がないのが残念ですね。SIM2 MAXユーティリティは使いやすいけどシャフトが少し軽いので、テンセイシルバーTM70のカスタムがあると面白いと思います。

 

 

アイアンはSIM2 MAXとSIM2 MAXOSの2タイプ

アイアンは前作と同じ2タイプです。優しいSIM2 MAXアイアンとSIM2アイアンをさらにやさしくするためにサイズアップしたSIM2 MAX OSアイアンです。

 

ハイ・トウ ウェッジ、ハイ・トウ ビッグフット ウェッジも同時発売

フェースがノーメッキで、ボディがカッパーフィニッシュのHI -TOE WEDGEも2月19日の同時発売です。フェースがノーメッキなのでスピン性性能は抜群です。また、使い込むと錆びてきますがクロームメッキと違い炎天下でも眩しくないです。バウンスはやや少なめなのでハイバウンスが苦手な方にお勧めですね。逆にハイバウンスが好きな方はビッグフットがおすすめです。